肌荒れが治らない。30代からのニキビ・肌荒れ対策の秘訣はアノ2つ!

治りにくい吹き出物を早く治す方法

最近歳を重ねるにつれ肌荒れが目立つ。
ニキビ=吹き出物が治りにくくなってきたな〜って悩んでいるあなたへ。

今回紹介する方法はニキビなどの肌荒れ対策とアンチエイジング効果があり一石二鳥です。
ていうか、これだけやっていれば老化を防げます。

男だからといって、肌荒れ対策やアンチエイジングなんて女々しくてやってられないと思って、吹き出物を放置して何も対策をしていなければ、数年後大変なことになりますよ。

シワやシミと同様に、ニキビも放っておくと肌の老化のスピードを速めていることになります。
適切な対策をしておかなければ、数年後、凸凹のニキビ跡だらけのみかんの皮みたいな顔面になっちゃう確率が上がります。
てか確実に凸凹顏になってしまいます。

実はニキビや肌荒れの原因は老化の原因と全く同じです。

それらを適切に改善していくことで、わざわざ皮膚科に行って治療しなくても早く治すことができ、継続することで肌荒れ対策にもつながります。

僕も昔は、ニキビ顔ででかい芯ができたり、赤いブツブツがあったりでニキビがなかなか治らず悩んでいて、色んな薬を試して治していました。(当時、僕はプロアクティブを使いました)
でもこの肌荒れ対策方法を知ってからは肌は安定し、毎日のスキンケアをしておくだけで高額な薬や皮膚科など必要なくなりました。

老化を防ぎたい、ブツブツ顔から脱出したい、と思う方は読み進めていただき、きれいな肌を取り戻しましょう。

ニキビの薬やニキビ予防で悩んでいる方に正しい知識をお届けでき、お役に立つことができれば幸いです。

大人になってからのニキビは吹き出物って言いますよね……
でも気にしません。。。

では行ってみましょう。

ニキビや肌荒れの原因

AI_IMG_7769

肌荒れは食べ物やストレスなどとも関係ありますが、主な原因は以下の3つ。

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 活性酸素

実はこの3つは老化の原因と全く同じなのです。

年齢を重ねると体力が落ちてくるように、肌もさまざまな機能が低下していきます。肌老化の大きな原因は「紫外線」「皮膚(ひふ)の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化(ひはくか)」の4つです。
※菲薄化(ひはくか)とはお肌が貧しい状態になる事です

引用:肌老化の原因

前述した通り、ニキビを放ったらかしにしておくと、肌の老化のスピードを速めてしまう。
逆に言うと、ニキビができない肌にしておくことが、肌の老化を抑えることになる。

肌をアンチエイジングすることで、老化の予防とニキビ予防ができて一石二鳥なのです。

普段から適切なアンチエイジングをしておけば、プロアクティブとかの高額な薬なんて必要ないのです。
(もちろん出来てしまった後には効きますよ)

「乾燥」「紫外線」「活性酸素」は関連している

上述の通り、大人のニキビの原因として、皮膚の「乾燥」があります。
乾燥すると皮脂の分泌が増えてしまいます。
また「紫外線」を浴びても皮脂分泌が増えてしまいます。

これら、乾燥や紫外線を浴びすぎた後に適切なケアをしておかないと皮脂の分泌が増えて、増えすぎて毛穴に詰まった皮脂がニキビの原因となるアクネ菌の餌になります。
繁殖したアクネ菌に反応して発生する「活性酸素」がニキビを引き起こしてしまうのです。

吹き出物ができると気にして治すための化粧水や薬などを必死に探すのに、まだまだ男性はメンズスキンケアなどに無頓着で、乾燥していたり紫外線をたっぷり浴びた後でも、何も対策をせずそのままにしている人が多いです。

その行動が皮脂の分泌を促進し、ニキビができやすい環境を作ったり治りにくい原因となっているのですよ。

ニキビや肌荒れ対策に効く2つの方法

上述のニキビができる原因に対して、以下の二つを取り入れることで解消してくれます。

  • ケミカルピーリング
  • ビタミンC誘導体

よくニキビができると、すぐにネットで「ニキビ 治す おすすめ 化粧水」とかで検索する人がいてますが、市販の激安化粧水や薬はおすすめできません。

ニキビを代表とす肌荒れを治すためにはきちんとした成分と効果が大切です。

これらはニキビの原因を解消するだけでなく、同時に老化のスピードを抑える効果もあります。

なのでニキビがない人でも「ケミカルピーリング」と「ビタミンC誘導体」を続けていれば、肌の老化のスピードを抑えることができて、最強のアンチエイジングにもなり一石二鳥となります。

2つの解消法の効果を説明していきます。

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは一言で言うと、肌のターンオーバーを促進し改善させることです。

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓老廃物などを溶かして除去する治療法です。余分な角質を取り去ることで皮膚の新陳代謝を高め、肌の再生を促すので、ニキビ治療に限らず、シミやシワ、たるみなど、あらゆる肌トラブルを改善する治療法・美容法として人気があります。

ケミカルピーリングで主に使われる酸は、グリコール酸やクエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸(AHA)です。

引用:ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングの吹き出物やニキビに対する効果は以下の通り。

  • ターンオーバーを促進し、過角化を抑制
  • 過角化によって溜まった余分な角質を取り除き、毛穴を詰まりにくくする
  • 毛穴の詰まりを取り除きニキビが進行するのを抑制する

つまり、すでにできたしまったニキビを治す効果、ニキビの進行を抑制効果、新なニキビが発生を防ぐ効果の3つを同時に行える最強の解消法なのです。

ビタミンC誘導体とは?

肌にはビタミンCが必要不可欠です。

野菜や果物、サプリメントなどからビタミンCを口から摂取することはもちろん効果的ですが、肌に直接浸透させることもさらに有効となります。

ところが、ビタミンCは肌から直接吸収することができないのです。
ビタミンCは水に溶ける性質を持っており、肌は水溶性のものを弾く性質があるためです。

そこでビタミンCを皮膚に浸透させるために作られたのが「ビタミンC誘導体」。
ビタミンC誘導体は、皮膚の中に浸透していき、皮膚の中で初めてビタミンCに変化する物質のことです。

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用などさまざまな美容効果があります。

さらに、分子が小さくなって浸透しやすくなったタイプのビタミンC誘導体は、真皮でコラーゲンの生成に働きかけることが期待できます。シミ、シワ、肌のたるみなどさまざまなトラブルに効果が期待できる成分なのです。

引用:ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体を肌から浸透させる効果は以下の通り。

  • 活性酸素を抑える抗酸化作用
  • できてしまったメラニン修復させる作用
  • 新陳代謝を促す作用
  • 皮脂分泌の抑制作用
  • コラーゲンの生成促進

なので、ニキビや肌荒れ対策やアンチエイジング効果も抜群の最強スキンケアなのです。

ケミカルピーリング剤とビタミンC誘導体の選び方

0I9A351215032114onepoint-thumb-1000xauto-18993

よくケミカルピーリングをすると乾燥肌の原因になると勘違いされますが、これは昔の話で現在販売されているものではそのような心配はいりません。

僕は「ケミカルピーリング剤+ビタミンC誘導体」でニキビを治し、その後もアンチエイジングのために続けています。
その結果、30代ギリ前半ですが、肌はとてもキレイと言われます。

なので、ニキビ対策には「ケミカルピーリング+ビタミンC誘導体」をセットで考えるのがおすすめです。

ケミカルピーリング剤とビタミンC誘導体をセットで考える理由

ケミカルピーリングとビタミンC誘導体はセットで取り入れると効果倍増です。

ケミカルピーリグは、薬剤で古くなった角質を除去してくれます。
角質を取り去ることで新しい皮膚が再生され、新陳代謝のスピードがアップし皮膚は若返り、ビタミンC誘導体などの有効成分も浸透しやすくなるからこれら2つはセットで取り入れると効果的になるのです。。

ケミカルピーリングをすることで、ニキビ対策だけでなく以下のアンチエイジング効果もあります。

  • 古い角質と共にメラニンも排出されるので、シミ対策になる
  • フルーツ酸がコラーゲンを増やす作用もあり、たるみや毛穴を引き締めシワ対策になる

おすすめの選び方

おすすめの選び方です。

ケミカルピーリングの選び方

自宅のニキビ対策でのケミカルピーリングにおすすめなのは「AHA」で泡状のものが良いです。
たくさんあるピーリング剤の中でも、肌への刺激が少なくやさしいといわれるのが、このAHAピーリングです。フルーツ酸が、肌の古い角質層を溶かして一番上の皮膚だけを取り除いてくれ、その後肌は自然治癒によって、新しい皮膚が再生します。

塗った時に皮膚がピリピリすることもありますが、洗い流した後に肌がツルっとした感触になるのがベスト。

AHA(α-Hydroxy Acid)は、日本語でアーハー(アルファヒドロキシ酸)といいます。
フルーツから抽出されることが多いため、一般的にはフルーツ酸といわれています。
グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸・シトラス酸などがあり、これらを総称して、AHA(アルファヒドロキシ酸)またはフルーツ酸と呼びます。
決して、「AHA」や「フルーツ酸」という名前の成分があるわけではありません。
フルーツ酸は全て自然に発生する酸であり、細胞にとってはある種の栄養物となるため、他の酸と比較して、細胞にやさしい酸なのです。

引用:AHAとは

ビタミンC誘導体の選び方

数あるビタミンC誘導体の中で肌に塗って、効果があるものとないものがあります。

中でも「アスコルビン酸グルコシド」というものは激安化粧品などに入っている場合があるのですが、全く効果はないようです。

人間の肌にきちんと作用するビタミンC誘導体は以下の通りなので、注意して購入してください。

  • アスコルビン酸リン酸エステル
  • イソパルミチン酸アスコルビル(VCIP)
  • パルミチン酸アスコルビル酸3Na(APPS)

以前は美容クリニックなどでしか手に入らず非常に効果だったのですが、最近はドクターズコスメなどの形でネット購入されている人が多いようです。

激安化粧品には注意しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

結局、吹き出物って書くつもりがほとんどニキビって書いちゃいました。w
まだ30代半ばなので、吹き出物って言いたくないです。

大人になってからのニキビは治りにくいし、肌荒れしやすい。
でもニキビは正しい知識で適切に対策すれば、簡単に肌荒れしない環境を作ることができます、

もう一度言います。
アンチエイジングはニキビ予防に繋がります。

男も美容に力を入れる時代です。

数年後、ボロボロの老化した顔にならないように、普段から正しいスキンケアをして若さを保ちましょう。

人は見た目で9割決まりますよ。

今日もRe-MANしよう。

メンズビューティー関連記事

スポンサーリンク