【ボディメイクのコツ】理想のボディに向けて明確な目標を持つ

マッチョ スーツ オーダー

ボディメイクの第一歩は「明確な目標を持つ」ことです。

もしかするとあなたも今までTVや雑誌で取り上げられた、〇〇メソッド、〇〇式ダイエット、芸能人がやっているエクササイズをみてとりあえず取り入れてみたけどなかなか継続できなかったり失敗した経験があるかもしれません。

よくあることですが、どのようなエクササイズでも初めてやった場合はある程度の効果が出ますが、それをずっと同じ方法やトレーニング回数や強度でやり続けているといずれ効果が出なくなります。その〇〇式ダイエットにカラダが慣れていまいマンネリ化をしてしまうからです。

このように目標がない流行りのダイエットに振り回されて、大切なお金と時間を使った結果、最終的に失敗するケースは良くあることです。

今回は理想のボディメイクを成功させてずっとカッコいいカラダをキープするために必要な「明確な目標を持つ」ためのコツをお伝えいたします。

なぜボディメイクでは明確な目標が必要なのか

上述でボディメイク を成功させるためには軸になる「目標」を持つことが大切だと伝えました。

ボディメイク やダイエットを始めると成功したい気持ちが先走り「脂肪燃焼」ばかりに目が行きがちになり、SNSやテレビで流行りの〇〇式ダイエットに飛びつき失敗してしまうケースも多々あります。

また脂肪燃焼のみにフォーカスして場当たり的なダイエットをすることで、ダイエットが頭打ちになった時に打つ手がなくなったり、目標がないと苦痛に感じてマンネリ化し、途中で挫折して結局リバウンドに繋がってしまうことはよくあることです。

マンネリ化せずに確実に理想のボディに向けて結果を出していくためには、自分の目標とする理想のボディを明確にイメージして目標・計画を立てることが必要です。その目標に向かってそれぞれのステップを一歩ずつクリアしていき成功体験することでモチベーション維持やマンネリ防止に繋がります。

目標を設定するときにキーポイントになることは明確にすることです。

なぜ「明確」にこだわるのか。漠然とした目標は必ず時間が経つとフワッとしていき次第に忘れていくからです。

良い例で、正月の抱負があります。みな一度は経験ないでしょうか。

例えば、

  • 今年こと絶対痩せる!
  • 今よりも体脂肪を落とすぞ!
  • 今年の夏はシックスパックになる!
  • グッドシェイプを…

など。

これらはまったく明確な目標ではなく、必ずと言っていいほどしだいに頭の中からうすれていき途中でやめてしまいます。

ですので、慣れないうちのはじめは漠然とした目標を立てるのでいいけど、どんどん明確にイメージしていくことが重要です。

明確な目標っていうのはよっぽどの「M」な人以外は普通嫌がります。ガチガチに設定した目標を達成していくためのプロセスをこなしていくのはしんどいからです。

継続できる明確な目標設定のための4つのポイント

せっかく真剣に考えて立てた目標が絵に描いた餅で終わってしまわないようにするためには、「一貫性と継続性」が必要です。

一貫性と継続性を持って目標達成しやすくするオススメの4つのコツをお伝えいたします。

これはボディメイクだけでなく他ことにも応用できるので参考していただければと思います。

  • できるだけ具体的に
  • 数値化する
  • SNSでコミットしてみる
  • ワクワク感をプラス

目標はできるだけ具体的に

目標はできるだけ具体的に洗いだしてそれを一つずつクリアしていくことで、自分に自信を持つことができて充実した毎日を送ることができます。

目標を考えるときは、できるだけ恥ずかしくて人に言えないくらい生生しい内容や、リアルにイメージできる身近の人や有名人をモデリングするのがいいです。

でもいきなり白紙のノートに目標を書き出すのは難しいかもしれません。

そんなときは僕も普段アイディアを洗い出す時とかに使っているツールの「マインドマップ」を使うのがオススメです。

マインドマップは頭の中で漠然としていたコトが整理できて段階的に目標を見つけることができ、「絵や図」の形でイメージとして脳が知覚するのでしっかりと目標を刻み込むことができます。

マインドマップをご存じない方は、ネットにやり方がたくさんあるので一度ググってみてください。

目標はかならず数値化する

「夏までにダイエット成功しよう」より「3ヶ月で体脂肪率5%下げよう」など具体的に数値化して目標設定をしなければ、目標をもたないよりはマシですがあまり目標設定の意味がありません。

理由は数値化することで

  • 行動計画を立てやすい
  • 目標までに進捗や達成度を把握できる
  • 行動に対する結果を評価しやすい

というメリットがあるからです。

例えば上の例のように「3ヶ月で体脂肪率を5%下げよう」と具体的に設定すると、そのためにしなければならないサブ目標や日常の行動プロセスを設定しやすくなり、目標達成のイメージができやすくなり成功率がグンと上がります。

目標設定しプロセスを数値化できたら、月単位や週単位で行動をレビューできて進捗が悪ければプロセスの数値を変えるなど軌道修正がしやすくなります。

このように理想のボディメイクを成功させるためには習熟度や経過日数の節目でしっかりと目標に対する達成度をレビューをすることが重要です。理想と現実のギャップを確認しながら次の計画へと修正していかなければなりません。

目標をSNSで共有してみましょう

ボディメイク をはじめて目標を立ててみたけど一人で取り組んでいたら孤独でつらい。。

でも身近の周りには恥ずかしくてなかなか共有できない。。。

という人にオススメなのが、「SNSでの発信」です。

恥ずかしい人は本アカでなくてもボディメイク アカでも大丈夫。

SNS内ではガチ勢やマッチョの先人たちが、ベンチプレス◯◯kg達成とかボディメイク のビフォーアフター画像をアップしてマウント取ったりしているけど、全く気にしなくてもいいです。

上には上がいるし、キリないですからね。

比べていいのは過去の自分だけ。ただ自分の記録用として発信しましょう。昨日の自分より少しでも進んでいればOKです。

そうやって発信を継続しているうちに、共感されフォロワーも増えてSNSでボディメイク 仲間ができます。

なので、ボディメイク をはじめたら周りを気にせず、まずはSNSでコミットしてみましょう。

明確な目標にワクワク感をプラスするとうまくいく

あと、最強にオススメなのが、明確な目標にワクワク感をプラスしてあげること。

なぜ明確な目標+ワクワク感が最強か。

目標設定の時、どんどん明確にしていついつまでにどうなっているかなど考えていると、この先ハードで大変だなぁとかしんどくて継続できないので途中でリタイヤしないかななんて、やる前から心配になってはじめの一歩が出にくくなる人もいます。

自分の目標達成をうまくいかせるために「ワクワク感」をプラスすることでほとんどがうまくいきます。

明確な目標設定だけではきつくて辛いですが、ワクワクがあるとプラス思考・プラスイメージ・プラス感情がどんどん生まれてきて脳からドーパンが分泌されて楽しくてしかたがなくなります。

こうなることを「メンタルヴィゴラス状態」と言います。

メンタルヴィゴラス状態になるとどうなるか

何をやってもついてる日などないでしょうか。これも一種のメンタルヴィゴラス状態と言えます。

 

メンタルヴィゴラス状態になると

完全なプラス思考・完全なプラスイメージ・完全なプラス感情になっていて、成功する前からすでに脳は「成功してしまった状態」になり、引き寄せの法則でツキを呼び込んでくれます。

 

なので少しでも心理状態をこれに近づけることができれば、ボディメイク だけでなく人生そのものも全てがうまくいきます。

 

こういう状態はスポーツでよく一流選手が言ったりしている「ゾーンに入る」とかです。

ソーンに入ると、例えばボクサーであれば対戦相手のパンチがスローモーションに見えたり、打たれても全く痛みを感じないと言いますよね。

それと同じで、ボディメイク 中のトレーニングなどもキツくてもゾーンに入ってしまえば、そのキツさが心地よく感じてきて、理想のボディに向かって「もっともっと」と良いマインドのスパイラルが生まれボディメイク が加速します。

ボディメイク もゾーンに入ったもん勝ち

一般の人はそのゾーンにどうやってはいっていけるかというと、ヒントは「言霊」にあります。

これは普段からどういう言葉を吐くかが重要になります。

一般的に日常の9割以上はネガティブワードを発していると言われています。

思い出してみてください。

サラリーマンの居酒屋での会話では、会社の愚痴やライバルへの嫉妬や悪口など。。ネットや情報番組やニュースなどでは、あおり運転や芸能人の不倫ネタなどのスキャンダルなど。世の中はネガティブ情報だらけなんです。そういう環境の中に私たちはいるので、そこに身を委ねていたら発想までネガティブによりがちになってしまいます。

発想がネガティブになると言霊もネガティブになり、ネガティブからは「ワクワク」なんて生まれないのです。

なので普段からポジティブワードを使うように心がけましょう。

ゾーンに入るためのポジティブワード

例えば筋トレで10回×3セットをしている時、9回目10回目はかなりきつくなってきて、ついつい「ネガティブワード」を使いたくなってきます。

きつい9回目10回目をクリアして追い込むことで筋肥大に向けたトレを最大化することができるので、8回目で終わってはいけません。

きつくなってきたら「待ったましたー」とか「あざまーす」とか言って、ポジティブワードで歓迎して乗り越えましょう。

そうすることで必ずボディメイク を加速できます。

ソーンに入るためのリズム

もう一つゾーンに入るためのコツがあります。

それは自分のリズムを作ること。

サッカーやバスケ、ラグビーやボクシングなどどんなスポーツでも相手のリズムで試合をするとのまれて負けます。しかもめちゃくちゃ疲れるそうです。

でも自分のリズムで試合を制することができれば、そんなに疲れずに勝つことができるそうです。

なのでリズムを作ることはボディメイクの日常にも活用できるのはと思います。

リズムを作るために会社から帰ってすぐはシンドイけどダラける前にスクワットをしてみるとか、ご飯の後は腹筋をしてみるとか、寝る前にはストレッチなど自分なりのルーティンなどを作ってリズミカルに生きましょう。

リズムリズムリズム。。

まとめ

少し長くなってしまいまいたが、ボディメイクでは明確な目標設定が大前提として大切であることをお伝えしたかったんです。

これがあるのとないのでは、成功率に雲泥の差が生まれるからです。

そのために、

  • 目標はできるだけ生生しく具体的に
  • 数値化して
  • SNSでコミット
  • ワクワク感をプラス

してみてください。

そうやって初めの一歩を踏み出せることができれば、必ずうまくいくはずです。

後はこのスターターキットでノウハウを吸収して愚直に実行するのみ。

ボディメイク を加速させるために早くゾーンに入ってしまいましょう

スポンサーリンク
マッチョ スーツ オーダー