お酒は太るや酒太りはウソ。ダイエット中の飲み会で太らないメニューの選び方。

man-69287_1920

日頃サラリーマンをしていると、取引先との接待、上司との付き合い、懇親会、歓迎会・送別会や忘年会、新年会など飲み会のイベントが目白押しで、お酒の場とは切っても切れない関係にあります。

せっかくダイエット中なのに飲み会なんて、行きたくないと憂鬱になっていませんか?また、サラリーマンは付き合いが多いのでダイエットは無理だと諦めていないでしょうか?

お酒はダイエットの天敵だと思われがちですが、実は酒太りなんて都市伝説みたいなモノです。ダイエット中の飲み会でも、正しい知識とちょっとした心がけで太りにくくすることができます。

お酒には太らない飲み方があります。

 

お酒を飲むと太るは勘違い

the-customary-62252_1920

世間でよく言われている、お酒を飲むと太るというのは全くの勘違いです。

どういうことか説明します。

アルコール(100%)のカロリーは、7.1kcal/g。実際には飲めませんが、100ccのアルコールを飲むと710kcalを摂取したことになります。

数字だけ見るとかなり高カロリーだと思ってしまいます。

でもアルコールから摂取するカロリーというものは、脂肪として蓄積されることはほとんどないのです。なぜなら、アルコールは体に吸収されるとすぐに「酔い」という形で体温の上昇などで代謝として消費されるからです。

なので、お酒を飲むと太るってのは、単なる思い込みなのです。

ビール、ワイン、日本酒は太りやすい?

答えはNoです。

一般的に太りやすいお酒と太りにくいお酒を下記の通り分けることができます。

  • 醸造酒・・・太りやすい
    →原料となる穀物(ビールなら麦、ワインならぶどう、日本酒ならお米)などに含まれるカロリーが高いから。
  • 蒸留酒・・・太りにくい
    →原料となる穀物のカロリーが蒸留することによって落とされているためカロリーが低い。

でもどちらを飲んでも実際には、大差はほとんどありません。数値にしてみると分かりやすいです。

例えば、ビールのカロリーでいうと、500ccの缶には約210kcalが入っています。アルコール度数5%とすると25cc×7.1kcal=約177kcalがビールに含まれるアルコールによるカロリーとなります。

アルコールによるカロリーは脂肪として蓄積されないので、脂肪として蓄積されるのは残った210kcal – 177kcal = 33kcalとほとんどありません。

なので、ビールや日本酒が太りやすいのであまり飲まない方がいいと神経質にはならなくても大丈夫なのです。

ビール好きが太る原因

ビールや日本酒、ワインなどの直接アルコールからのカロリーが低いのに、 ビール好きが太ると言われているのはおつまみとの関係があります。

俗に言われるビールに合うつまみといえば、かなり脂っこいものなど高カロリーなものが多い。

これがビール好きを太らせている最大の要因となっているのです。

お酒を飲むと太るのはつまみのせい

fish-and-chips-656223_1920

飲み会などで蓄積する脂肪は、お酒でなくおつまみが原因となっているのです。

お酒を飲んだ後は、食べ物が脂肪として蓄積されやすいです。
理由は以下の通りです。

  1. お酒を飲む
  2. 肝臓がアルコールを中和・分解する仕事に必死になる
  3. 本来行うべき食事で摂取したエネルギーを一時保管する役割をやめてしまう
  4. つまみなどから摂取したエネルギーの多くは脂肪細胞に直接蓄積される

メニューの食べる順番を変えると太らない

cheers-839865_1920

飲み会でも普段のダイエットと同じように、食べる順番を意識するだけで、血糖値の上がり方を緩やかにしたり、高GI値・高カロリー食品の摂取量を抑えることができ、太りにくくすることができます。

▼脂肪の作られ方・血糖値・GI値に関して▼

お腹周りの脂肪はこうしてつくられる。落とすには食事制限より食べ方が大事。

では飲み会での順番はどう組み立てればよいのでしょう?

  1. 空腹での飲み会は避ける
  2. ファーストオーダーは食物繊維の多いメニューを選ぶ
  3. メインオーダーは基礎代謝を高める肉や魚を選ぶ
  4. ラストオーダーで揚げ物やご飯を選ぶ

ダイエット中の飲み会で太らないメニューの選び方

①空腹での飲み会は避けましょう

僕も結構やっていたのですが、今晩は飲み会なので節約として昼食は抜きにして空腹状態で飲み会挑んでいないでしょうか?

飲み会でガンガン飲み食いしても、昼食抜いたのでカロリー収支は相殺できていると思われがちだがそれは勘違いです。

このように空腹状態で飲み会に行くと、ファーストオーダーからガッツリ腹が満腹になるような高カロリー食品などを頼んでしまいがちになります。

食べてもよいのですが、 痩せたいなら食べる順番が大切なんです。飲み会が始まって太りやすい高カロリーな食事をガツガツ食べてしまわないためにも、飲み会前には小腹を満たしてから挑んでください。

最近は飲み会前にウコンをコンビニで買ってから行く人が多いです。その時に、できるだけ空腹状態をさけるようなものをお腹に入れてから飲み会に行くようにしましょう。

食物繊維が豊富だったり、血糖値の上昇を抑えてくれる以下の様な食品がオススメです。

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • ドライフルーツ
  • おでん
  • ナッツ
  • ゆで卵

②飲み会でのファーストオーダーは食物繊維の多いメニューを選ぶ

飲み会が始まって、最初に食べるべきつまみは、なるべく 低カロリー・低GI値で食物繊維が多く血糖値の上昇を抑えてくれる様なメニューを頼むのが鉄則です。

特にキムチやチャンジャ、納豆などの発酵食品は、アミノ酸が豊富で体の代謝を高めてくれ、脂肪をつきにくくするからオススメです。

他にも、たこわさ・海鮮サラダ・もずく酢・生キャベツ・枝豆・冷奴なども積極的に取り入れましょう。

酔っ払う前に、血糖値を上げないメニューでオーダーをコントロールしましょう。

③メインメニューは基礎代謝を高める肉や魚を選ぶ

順番を守り、少しお酒が回ってきたところで、お腹を満たすメインメニューを頼みましょう。
ここで注意したいのは、太りにくくタンパク質が豊富な肉をできるだけ選びましょう。

できるだけ脂肪分が多く高カロリーな、カルビやサーロインは控え、ヒレやモモなどの赤身を頼むのがコツです。

他にも、ささみやズリ、軟骨、ホルモンなどは低カロリー・高タンパク質な食品なのでオススメです。

④ラストオーダーで揚げ物やご飯を

揚げ物やご飯は高カロリー・高GI値なので、ダイエット中には控えたいが、どうしてもお腹が満たされなかった時は、最後に頼みましょう。当たり前ですが痩せたいなら締めでラーメンに行くのはNGですよ。

揚げ物の横にあるレモンはぜひかけて食べてください。レモンは血糖値の上昇を穏やかにしてくれる作用があります。

まとめ

お酒で太るとは思い違いということがわかっていただけたかと思います。

ダイエット中で飲み会続きでも食べる順番に気をつければ痩せることができますし、ほんとこれを守るだけで、ダイエットの結果はかなり変わってきます。

今日もRe-MANしよう。

【関連】ダイエット中の食事で正しいカロリーコントロールの仕方

スポンサーリンク