乾燥肌を改善する方法。カサカサ肌で悩む男性は必見!

乾燥肌を治す

今年もこの季節が近づいてきました。冬の乾燥肌対策はバッチリでしょうか?僕はヒドイ乾燥肌ではないのですが、毎年冬になると肌の乾燥にヤラれる肌トラブルが悩みの一つです。。

特に30代を超えたあたりから毎日のヒゲソリのせいで肌から水分が奪われて乾燥しているような感じになり、毎朝出勤時には顔の肌がつっぱっていました。冬の乾燥肌のせいでヒドイ時は頬や特に口周りがカサカサして白い粉を吹いている時もありました。

顔は第一印象を決定づける重要なウエイトを占めているので常に清潔感を保つことは必要です。もっと言うと、肌が乾燥するとニキビや、しわ・しみ・たるみなどのおっさん化に直結するトラブルの原因にもなります。

それらを改善すると仕事や恋愛においてもプラス要素しかありませんよね。そこで今回は実際に乾燥肌の改善のために効果のあった方法を具体的に紹介いたします。

photo by Apollo Scribe

乾燥肌とは

乾燥肌とは簡単に言うと角質層の水分量がなくなって肌がカサカサして洗顔後につっぱったり粉をふいたりする状態のこと。

乾燥肌

元々はテカリ肌の方で悩んでいた人も特に30代を超えたあたりからは、肌の皮脂の分泌量が低下してくるので乾燥肌になる人が増加してきます。

乾燥肌の特徴として健康的な肌が角質層に30%の水分を含んでいるのに対して、乾燥肌の人は肌の水分量が20%に満たないことが多いそうです。

角質層には皮脂や天然保湿因子であるセラミドが備わっていて、これらがうまく働くことで肌の潤いは保たれています。

乾燥肌の人は表皮のバリア機能が低下している

また表皮の角質層は、バリア機能を持っています。

でも乾燥肌の人はこのバリア機能が弱まっていることが肌トラブルの問題点として挙げられます。

バリア機能には、外的刺激から肌を守る役割と体内の水分が肌から蒸発するの防ぐ役割があるからです。

誤ったスキンケアをすると逆に乾燥肌を起こしやすくしてしまう

乾燥肌になってしまうことで肌のターンオーバーがうまくできなかったり、誤ったスキンケアをし続けると逆にセラミドや皮脂が不足してしまいます。そうなることで表皮に水分が溜まらなくなり、さらに乾燥肌の原因になっていきます。

このように乾燥肌の人はバリア機能がうまくいっていないため肌が傷つきやすくトラブルが起きやすい状況になっています。

乾燥肌の原因

生まれ持った肌質

男性は、皮脂の分泌が活発であるため乾燥肌の割合は女性に比べて比較的に少なめです。

乾燥は男性の多くは、幼い頃から肌が荒れていたりアトピー体質だったりとトラブルを抱えていることが多いです。

乾燥肌はその洗顔が原因になっているかもしれない

もちろん上述のような生まれ持った肌質以外にも乾燥肌になる原因はあります。

よく間違ったスキンケアとしてありがちなのが、男性は皮脂を気にしてしまうのでお風呂で顔をゴシゴシとこすったり洗顔しすぎたりすることで、角質層を傷つけバリア機能を低下させてしまいます。

また加齢に伴い肌の皮脂量や水分量は減って行くのですが、それに気づかず間違ったスキンケアをし続ける行為もトラブルの原因になります。

乾燥肌が引き起こす肌トラブル

これらの原因によって引き起こされる乾燥肌による肌トラブルの代表的なのは以下の5つです。

乾燥肌が引き起こすトラブル① 敏感肌

この敏感肌には僕もかなり悩んでいました。

特に口周りは皮膚が薄くなっているので乾燥しやすく、毎日のヒゲソリで皮脂や水分が奪われてカミソリ負けでかなり肌に負担がかかっていました。

そのせいで、少しの刺激でもかぶれたり赤くなったりと肌が敏感になってしまい、週の後半にはヒゲソリも痛いので薄くしかシェービングができていませんでした。

カミソリ負けで敏感肌になっている時は、一旦ヒゲソリをやめて肌を休めてあげてセラミド成分の高い保湿などを徹底することが必要です。

乾燥肌が引き起こすトラブル② しわ

加齢とともに角質層にある水分量が低下していくため皮膚にハリがなくなり硬くなってしまい、皮膚がしおれたようになったり乾燥じわができてしまうことがあります。

これは初期の段階できちんとスキンケアをすれば元通りになりますが、ほとんどの男性はスキンケアに興味がなく放っておく人が多いので深いシワにになってしまいます。

乾燥肌が引き起こすトラブル③ シミ

肌のバリア機能が低下していることで、女性と違い男性の場合は化粧などしないので紫外線が直で肌にダメージを与えて、炎症を起こしてそれが5〜10年後シミとなって現れるようになります。

今から数年後、「アレっ!こんなところにシミやホクロがあったっけ?」ってならないように、今から正しいスキンケアでバリア機能を復活させておくことが必要です。

乾燥肌が引き起こすトラブル④ ニキビ

実は意外とニキビの原因は乾燥肌から起因していることもあります。

バリア機能が低下すると肌は回復を図ろうとして皮脂の分泌を活性化させます。すると、皮脂が毛穴につまり炎症を起こしてニキビの原因になってしまうのです。

ニキビを予防するためにもやはり保湿対策は必要です。

乾燥肌が引き起こすトラブル⑤ かゆみ

これも肌のバリア機能が低下することで、肌にちょっとした刺激で敏感に反応してしまいます。特に乾燥している冬に風が当たっただけでかゆみがでる経験をしたことがないでしょうか。

今日からできる乾燥肌を改善する対策方法

何度もなんどもお伝えしていますが、乾燥肌の改善方法もスキンケアの基本である「保湿」がキーポイントです。

僕は30代を過ぎてから「保湿」に目覚めました。。。スキンケアでは保湿を心がけるだけで肌トラブルも劇的に改善しています。もっとは早く気づいておけばよかったと思います。

保湿を軸に乾燥肌を改善していきましょう。

乾燥しないように顔の保湿を徹底する

乾燥肌の対策として、何よりも大切なのは正しい保湿を行うことです。

特に皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口周りは保湿の徹底をしましょう。

この時に、肌のうるおいを守る天然保湿成分(セラミド)が配合された美容液やクリームがオススメです。

これ1本でお手入れ完了!老け顔と言わせない、1本4役の楽々万能美容液

肌のターンオーバーサイクルを正常にしてくれる栄養を食事からしっかり摂る

肌の乾燥を改善するためには、食事からしっかりと栄養補給することが重要です。特に以下の2つの栄養素が大切です。

  • ビタミンA ・・・皮脂分泌を調整し、ターンオーバーを正常化してくれる
  • ビタミンB ・・・新陳代謝を活発化し血液循環をよくしてくれる

また青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸は、肌の細胞膜の元となって内側から乾燥肌を改善してくれるので積極的に摂取したいです。

ビタミンA、ビタミンB、オメガ3脂肪酸が多く含まれる食品

ビタミンA ビタミンB オメガ3系脂肪酸
レバー 青魚(イワシやさば)
うなぎ 青魚(イワシやさば) さけ
かぼちゃ 牛乳 マグロ
ほうれん草 納豆
人参 緑黄色野菜

水分補給はこまめに摂る

男性の場合は軽視されがちですが、肌の乾燥を防ぐためには普段から水分補給をしっかりすることが重要です。

僕の会社でも良く見る光景ですが、水分補給にスポーツドリンクやコーヒーを飲んでる男性が多いです。ダメとは言いませんが、スポーツドリンクには「糖分」、コーヒーにはカフェインが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。寝不足になったり血糖値が上がってしまいますよ。

トレーニング中のスポーツドリンクや寝起きのコーヒーは良いですが、毎日の水分補給は「水」がオススメです。

乾燥しにくい環境を意識する

肌の状態は環境による影響もかなり大きいです。冬になると空気が乾燥するので肌がカサカサしてきますよね。

ただ、冬だけでなく夏もエアコンをつけっぱなしにしていることが多いかと思います。エアコンは空気を乾燥させてしまいますので、ほとんどのビジネスマンにとっては一年中乾燥を防ぐための環境対策は必要です。

湿度が低すぎると角質層の水分が空気中に奪われて肌が乾燥しやすくなります。肌の潤いがキープできるのは湿度40〜60%くらいの環境です。

可能であれば加湿器で湿度をあげるのがオススメです。

 

乾燥肌対策のおすすめメンズコスメ

冬だけでなく季節を問わず肌が乾燥してしまう環境が常に隣り合わせになっています。

乾燥肌の人は常に保湿できる様に、保湿成分の高い正しいメンズコスメを選んで対策しましょう。

選び方のポイントとしては、必ず男性用のコスメを選びましょう。よく「彼女と同じものを使ってます!」みたいな人がいますが間違いです。女性とは肌の性質が全く違うからです。

保湿成分が高くて、できればセラミド配合の美容液が入っているものがオススメです。

以下の記事で、人気のメンズコスメをまとめているのでチェックして見てください。

スポンサーリンク
乾燥肌を治す